抗うつ剤の服用が必要になったら【現代社会はストレス社会】

男性

うつ病は内服治療が中心

薬

薬には合わないものもある

うつの症状が出ている時には、薬による治療が適切だと判断されるとすぐに内服治療が始まります。うつ症状に効果的な抗うつ剤がたくさん開発されており、最近では抗うつ剤を服用することでうつの症状をコントロールすることが難しくなくなってきました。抗うつ剤というと副作用が強く、眠ってばかりになってしまうというイメージを持つ人もいるようですが、現在の抗うつ剤は改良されており、起こっている症状に合わせて薬の種類を変えることで適切に症状だけに効果が出るようになってきています。しかし薬の効き目が出るためには2週間ほど継続して飲み続けないと効果がはっきりとわかりにくいということがあるために、体の状態に合った薬を見つけ出すまでに少し時間がかかるという問題点もあります。これは定期的に受診をして医師と相談をしながら薬の調整を行っていけば良いものですが、うつの症状が出ている時には病院の受診することが難しくなり、受診が中断してしまうことも珍しくありません。治療が中断してしまうと病状が悪化してしまうためなるべく通いやすい病院を選ぶという方法もあります。またかかる診療科としては心療内科と精神科がありますが、それぞれに治療の仕方が異なっているので、自分に合うと感じたほうの診療科を選ぶと良いでしょう。抗うつ剤による治療が開始されると、薬の効果が出ることで睡眠パターンや気分の変化が起こることがあります。薬によっては服用を開始してすぐに効果が出て体調に変化が起こることがあります。しかし数日間抗うつ剤の服用を続けているうちに変化が当たり前になり、薬の効果がわかりにくくなることがあります。薬を今後も使い続けていくかどうかの目安がわかりにくくならないように、薬を飲んだ後の体調の変化などをどこかに記録しておくようにしましょう。そして診察の時にはその記録を元にすれば、内服治療をどのように進めていくかを決めることができます。もしも薬の変更をした後にあまりにも体調がすぐれず、我慢ができないと感じたら、次の診察の予約の時期まで待たずに早めに診察を受けるという方法もあります。体に合わないのに無理をして薬を飲み続けていると、病状が悪くなり内服治療の効果が出にくくなることがあるので、薬が合わないと感じたら医師に相談をしましょう。また薬が自分に合っていないからといって量を勝手に変更することは絶対に行ってはいけません。内服治療をする時には、思ったような効果が出ないからといって勝手に服用方法を変えてしまうことのないようにしましょう。内服薬の変更をする時には必ず医師に相談をするようにします。