抗うつ剤の服用が必要になったら【現代社会はストレス社会】

男性

適切な治療と薬

薬

大切なのは正しい知識

うつ病と聞くと、非常に重い病気で長い時間をかけなければ治らないと考えている人も多くいますが、実際にはそうとは限りません。うつを正しく理解し、適切な治療と服薬を続けることで治療することは可能ですし、症状を軽くすることも可能です。まずうつ病の治療に欠かせないのは抗うつ剤です、抗うつ剤と言うのはうつの治療の為に用いられる薬で、医師の処方がないと購入することができないものがほとんどです。そのため、通院している病院で処方箋をもらい、薬局などで処方されることになるでしょう。抗うつ剤といってもいくつか種類があり、それぞれうつの治療に役立つ成分を含んでいますが、その度合いや副作用などが異なります。副作用と言っても、服薬後からだにほとんど変化がない人もいれば、腹痛や吐き気などの症状が出る人もいるでしょう。薬というのはどんなものでもその人との相性があるものです、そのため、副作用がひどければ別の抗うつ剤に変え、また経過を見るということになります。さらにいえば、抗うつ剤だけでなく、他のクスリと一緒に服用するケースも珍しくありません。たとえば睡眠障害が起きている場合には睡眠導入剤や睡眠薬、もともとお腹が弱い人には薬の成分で胃腸を荒らさないための胃腸薬を処方することもあるのです。ストレスがたまったからうつ病になる、ゆっくり休息を取ってからだを休めなければ鬱は治らないというのは半分正しく、半分誤っているといえるでしょう。そもそもうつというのはストレスや疲れが原因となって引き起こされることもありますが、脳が正しく機能しなくなる病気であり、薬でその機能を補い、すこしずつ元の状態に戻していくというのが治療になります。心身を休めるだけでは根本的な解決にならないことがほとんどで、医師の診察を受けて薬を服用し、ゆっくり心身を休めること、これらがセットになって初めて快方に向かうと言っても過言ではありません。うつを治すための薬というのが抗うつ剤で、この薬には脳の神経機能を正常化する役割があります。うつというのは、簡単に言えば神経が伝達物質を正しく運べない、伝達物質が誤って認識されてしまうために引き起こされる病気です。そのため、抗うつ剤はこの神経の働きをサポートし、脳と体の連携がうまくとれるように補助する働きを持っています。抗うつ剤と聞くと、服薬したら気持ちがハイになってしまうのではないか、自分の意識がもうろうとしてしまうのではと不安を感じる人もいるでしょう。しかし実際には神経の補助機能を持っている薬なので、危険性はなく安心して服用できるものなのです。