抗うつ剤の服用が必要になったら【現代社会はストレス社会】

男性

作用と副作用は各薬で違う

ハート

やる気や落ち着きを回復

うつ病の回復に欠かせない抗うつ剤は、精神科や心療内科でうつ病と診断されますと、主に5種類ある中から何れかの薬が処方されます。時系列では三環系の薬が最も古く、今ではSNRIやNaSSAといった新薬も登場しており、新しい薬ほど副作用は控え目です。三環系はセロトニンやノルアドレナリンが細胞に再吸収されるのを防ぎ、その神経伝達物質を増やすことで、うつ病を改善させます。四環系は三環系の副作用を軽くすることを目的に作られた抗うつ剤であり、効き目はマイルドですが、より安全に服用できるのが特色です。また、四環系には眠りを深くする働きがあり、不眠の改善効果も期待できます。三環系や四環系が包括的に作用するのに対しまして、SSRIはセロトニンにのみ作用するため、落ち込みや不安の改善効果が高くなっています。その選択的な作用により、副作用が大幅に軽減されていることもSSRIの強みです。SNRIはセロトニンに加え、ノルアドレナリンにも選択的に作用する抗うつ剤となっており、無気力や意欲の減衰を改善してくれます。一方、NaSSAはノルアドレナリンとセロトニンを増やすほか、同時にセロトニンの働きを高めるのも特徴です。そしてNaSSAは、服用することで食欲が回復したり、不眠も改善したりする場合があるとされています。新しい抗うつ剤は副作用が少ない点を評価され、うつ病治療の第一選択薬に選ばれる場合が多くなっています。ただし古くからある三環系が利かないという訳ではなく、効き目に関しましては、むしろ三環系の方が高いと評価されているのです。このため、新薬を服用しても改善が望めない時は、三環系が用いられるケースも少なくありません。また、三環系や四環系の抗うつ剤は、新薬と比べて価格が安いため、経済的に続けやすいことでも評判です。そして、SSRIには不安をやわらげる働きがあるため、服用することで落ち着きを取り戻せるといった声が聞かれます。そのほか、ノルアドレナリンも増やすSNRIは、心を平常にしてくれるほか、やる気も起こりやすくなることで人気です。一方、抗うつ剤は種類によっても値段に大きな開きがあり、安価な三環系では25mgで10円台でも、最新のNaSSAでは15mgでその10倍近くする場合もあります。そこで、精神科や心療内科での治療費を下げたい場合は、自立支援医療制度を活用するのが賢明です。長期に渡って通院しているなど、一定の適用条件はありますが、うつ病は当該制度の対象になっているため、申請に通れば医療負担が3割から1割などへ軽減できます。