抗うつ剤の服用が必要になったら【現代社会はストレス社会】

気分が軽くなる

女の人

精神的に落ち着く

最近やる気が出ない、いつも通りの行動ができない、毎日体調が悪いなどいつもの自分と異なる部分があると人は混乱し不安を感じます。特に検査を行っても異常がない場合には、精神的なものを疑われることが多いようです。現代社会はストレス社会とも言われ、数多くの人が日々の生活でストレスを抱えています。適度に発散することができていれば解消することも難しくありませんが、忙しい現代人にとってはそれすら簡単ではないのです。また、毎日のように決められた生活というのは人をうつ傾向へと導いてしまいます。さらには、自分自身の限界を超えていることすら気付かずに過ごしています。気付いた時には治療が必要になる状態の場合もあるでしょう。うつ病の治療には抗うつ剤を用いることが多いようです。抗うつ剤を服用することで精神的な安定を図り、落ち着きを取り戻すことができると言われています。抗うつ剤と聞くと副作用や断薬の大変さが取りだたされますが、服用することで改善していく人がとても多いようです。精神薬にはネガティブなイメージがありますが、現状を変化させてくれる要素を十分にありますので、ドクターと相談して服薬してみることをおすすめします。まずは、病院を受診することから始めていきましょう。うつ病の治療薬として作られたのが抗うつ剤です。抗うつ剤は脳内でモノアミンと呼ばれている神経伝達物質を増やしてくれる作用がある薬です。うつ病の患者さんの多くがこのモノアミンが減少していると言われている為、モノアミン量を調整することで脳内バランスを整えてくれる作用が期待できます。ただし、このモノアミンだけが原因ではないと言われているので、それ以外のアプローチも必要となってくるようです。うつ病と関係があると言われている神経伝達物質は、セロトニンやノルアドレナリン、ドーパミン。セロトニンは不安や悲しみを助長させ、ノルアドレナリンは気力の低下、ドーパミンは興味を低下させると言われています。これらに作用してくれるのが抗うつ剤です。それぞれの症状に合わせてどのタイプの抗うつ剤を使用するのがベストかをドクターが決めてくれます。最初は服用してもイマイチ効果を感じないかもしれませんが、徐々に気分を向上させてくれたり、精神的な落ち着きを取り戻したりすることが期待されています。一度服用すれば改善するものではありませんが、継続することで効果を発揮してくれますので、ドクターと共にしっかり治療を行えばうつ病も怖くありません。ただし途中で勝手に服用をやめることのないよう注意してください。

ハート

作用と副作用は各薬で違う

三環系や四環系といった薬のほか、抗うつ剤にはセロトニンやノルアドレナリンに限定して作用するNaSSAなど、新旧合わせて5種類あります。そして医療機関のうつ病治療では、副作用の少なさが評価され、第一選択薬には新薬を選ばれるのが一般的です。

カウンセリング

薬の副作用

抗うつ剤を服用しておかしいと感じたら、闇雲に薬の量を増やすのではなく、よく主治医と相談し、正しい服用でうつ病とむきあっていきましょう。その為には家族の理解も大切です。普段から薬の量や副作用についてよく話をすることが大切です。

薬

適切な治療と薬

服用したらハイテンションになる、過度な睡眠欲や食欲にみまわれるといった勘違いをされがちな抗うつ剤ですが、実際にはそうした効果はありません。神経の機能をサポートする役割を持っており、安心して服用できる薬といえるでしょう。

薬

うつ病は内服治療が中心

抗うつ剤を使った治療ほうはうつ病の治療の中心になっており、優れた効果を出す薬がたくさん開発されています。しかし中には自分に合わない薬もあるので、もしも体に合わないと感じた時には主治医に相談をして種類を変えながら内服治療を続けていきましょう。